FC2ブログ

高齢者アラカルト22(ペット)

侍の画像


 こんにちは

 所得倍増計画の豊富秀吉です。

 僕も犬を飼っています。

 紀州犬を17年飼っていました。

 散歩に連れていくのは僕の仕事で、夜連れていってました。

 紀州犬は気が荒いたちなので、自分より大きな犬によく向かって

 行ってましたね。

 名前はげんと言いますが、げんを見るとよく吠える犬がいて

 いつもは表に出てこないのですが、たまたま道路に出ていて

 げんを見て唸っていたので、げんを近づけたところ、かみ合いになり

 ほんのわずかな時間でした。相手の犬がきゃんといったので。あわてて

 引き離し、そこをあとにしましたが数日後にその犬は死にました。

 動物は、本能的に相手の急所を知っているんですかね。

 げんの仕業と気付かれなかったのがよかった。問題が起きて

 しまいそうだからね。

 そのげんは、だいぶ前に老衰で亡くなった。


 さて、高齢者がペットを連れて散歩に出たときには、知らない人から

 ペットのことで話しかけられたり、同じようにペットを連れて散歩し

 ている人から話しかけられる機会が増えます。友達ができるかもしれません。

 

 人と触れ合う機会が増えて、高齢者の幸福度が高くなります。

 ペットがコミュニケーションの媒体の役割をしてくれるんですね。

                            豊富秀吉

所得倍増したい方は、僕と一緒にやりましょう。
 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ



 
スポンサーサイト



高齢者アラカルト21(ペット)

侍の画像

 こんにちは

 所得倍増計画の豊富秀吉です。

 今日はペットの話をしましょう。


  ペットを飼う高齢者が増えてきました。

  大きな理由に、孤独感の解消があります。

  核家族になり、高齢化が進行したために孤独な

  高齢者が増えてきました。

  独居の高齢者だけでなく、伴侶がいても寂しさは

  つきまとうものです。


  しかし、ペットは、さりげなくそばにいてああだこうだ

  言わず、高齢者を受け入れてくれます。

  無言のうちに、心がいやされます。

  
  したがって、ペットは孤独感や喪失感の緩和に効果が

  高く、心の安定が得られます。

                      豊富秀吉

所得倍増計画 僕も参加しています。
 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ

  、 



高齢者アラカルト20(遺言)

侍の画像


  こんんにちは

  所得倍増計画の豊富秀吉です。

  遺言の話の続き。


  昔、武将や商人は子孫に遺言を残しました。

  いくさに勝つための心得や商いを末永く続けるための

  処世訓でした。

  今の遺言は、財産の分け方を中心にしているため、心情を

  書き残すことは少なくなりました。

  付記事項といって書いてもわずかです。

  しかし、生まれてから現在までの出来事や心情を中心に

  書くのが本来の遺言だと思いますね。

  少なくとも妻や子に宛てて楽しかったこと、辛かったこと、

  お詫びすることや感謝することなど、その時々の思いを書いて

  残してやればどれだけ故人との絆が深まることか。

                      豊富秀吉


 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ

 僕もやってますよ 一緒にやりませんか?

  、 


   

高齢者アラカルト19(遺言)

侍の画像


  こんにちは

  所得倍増計画の豊富秀吉です。

  今日も遺言の話です。

   遺言の書き換えは自由にできます。

   遺言が二つ以上ある場合は、新しい方が優先しますが

   古い遺言も矛盾しない範囲で有効です。

   しかし、紛らわしいので廃棄した方がよいでしょう。

   また、遺言を作った後に処分することもかまいません。

   処分の範囲で、効力がなくなるだけです。

                     豊富秀吉

 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ

 僕もやってますよ 一緒にやりませんか?

高齢者アラカルト18(遺言)

侍の画像


こんにちは

 豊富秀吉です。


 今日は遺言執行者の話をしましょう。

 遺言書を作るなら遺言執行者を入れた方がいいね。

 不動産の相続にしろ、預金、株式、投資信託、自動車にしろ

 、相続手続きや解約手続きには、故人の出生から死亡までの

 戸籍謄本や相続人全員の戸籍謄本が必要だし、金融機関の

 所定の書式に相続人全員の署名と実印が求められます。

 これらの手続きは煩瑣で面倒なため、遺言執行者に任せた

 方が楽で安全です。


 遺言執行者は、未成年者と破産者を除き誰でもなれますが、

 相続人間の争いを少しでも少なくし、公平を期すために、

 利害関係のない司法書士か弁護士に依頼するのがいいでしょう。

                     豊富秀吉



 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ
 
 僕もやってます。一緒にやりませんか?

高齢者アラカルト17(遺言)

侍の画像

こんにちは

 豊富秀吉です。

 今日は、自筆証書遺言の話。


  自筆証書遺言はその名の通り、全文、日付、名前を

  自筆で書き押印します。

  ハンコは認めでも構いません。

  縦書きでも横書きでも構いません。

  用紙の制約もありません。

  訂正もできますが一定のルールに従わねばなりません。


  不動産を持ってる場合は登記簿の記載に沿って書きます。

  預金、株式、投資信託などもくわしく書きます。

  相続人の一人に不動産などを残したい場合は、相続させる

  という言葉を使う。

  下書きができたら専門家に見てもらった方がいいね。

                     豊富秀吉

 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ

僕もやってます。一緒にやりませんか?

高齢者アラカルト16(遺言)

侍の画像


こんにちは

 豊富秀吉です。


 今日は、遺言のお話です。

 遺言を作ることに、ためらいのある方も多数おられるでしょう。

 しかし、作っておかなかったがために、遺族が紛糾することが

 あるので、予備知識は押さえといてください。


 遺言がないときは法定相続になります。

 すると困ることがあります。

 たとえば

  (1)家業を継ぐ子供に遺産を残したい。

  (2)再婚後に子供が出来たとき、前の子供との間でもめます。

  (3)世話になった配偶者や子供には多く残してやりたい。

  (4)子供の嫁に残してやりたい。

  (5)内縁の妻や連れ子に残してやりたい。


 このような場合、もめごとを最小化するために遺言書を作っておいた

 ほうがいいですね。

                         豊富秀吉

 権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ

 僕もやってます。一緒にやりませんか?

高齢者アラカルト15(尊厳死)

侍の画像


こんにちは

 豊富秀吉です。

 昨日は中秋の名月でしたね。

 今日も名月が見れそうですね。

 錦糸町の事務所からも名月が見れそうですね。


 さて今日は、リビングウィルのお話です。

 リビングウィルとは、生前の意思という意味ですが、

 日本尊厳死協会の会員は、要旨、次のような書面を

 作成しています。

  (1)私の傷病が、現代医学では不治の状態であり、

     すでに死が迫っていると診断された場合には

     ただ単に死期を延ばすためだけの延命措置は

     お断りします。

  (2)ただし、私の苦痛を和らげるためには麻薬

     などの適切な使用により十分な緩和治療を行って

     ください。

  (3)私が回復不能な遷延性意識障害(植物状態)に

     陥った時は、生命維持装置をとりやめてください。



  生前にこのような書面が作成されていれば、無用な延命

  治療が行われることはありません。


                    豊富秀吉


          権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ
  僕もやってます。一緒にやりませんか?

高齢者問題アラカルト14(尊厳死)

侍の画像


  こんにちは

  豊富秀吉です。

  尊厳死のお話です。


  尊厳死とは、傷病により不治で末期になった時に、自分の

  意思で、死にゆく過程を引き延ばすだけに過ぎない延命措置

  を、止めてもらい人間としての尊厳を保ちながら、死を迎える

  ことをいいます。


  あなたは延命措置を望みますか?

  僕の例でいうと、義母のことだが、義母が入院後回復の見込みの

  ないことを知った時、延命措置をしなくていいと言っていってので、

  担当医に対し延命治療をしないように申し入れた。

  しかしその医師は、点滴の変えた程度で、倫理や職責からか

  延命措置を止めようとしなかった。


  そのためいつ死んでもおかしくないと言われていたにもかかわらず、

  僕も義母も、いつ迎えが来るかと毎日思って過ごしていた。


  義母は、約2カ月、生命を維持し、その間、義母の忍びない姿を

  見せられることになった。


  義母に迎えが来たときは、正直ほっとしました。

  義母は、最後のため個室にしたことから、費用もそれなりに

  かかりました。


  これを見てきた僕は、延命治療を希望しません。

  それが自然死に近いからです。



                    豊富秀吉


          権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ
  

                

高齢者問題アラカルト13(尊厳死)

侍の画像

 こんにちは

   豊富秀吉です。

   今日は延命治療のお話をしましょう。


   ご存知の通り、高齢化が急速に進んでいます。

   お亡くなりになる人も当然多くなります。

   その最後の時に関するお話です。


   延命治療とは、回復の見込みがなく、死期が迫った患者に

   人工呼吸器や心肺蘇生装置を付けたり、点滴で栄養補給

   したりして、生命を維持する治療のことをいいます。


   延命治療は本人にとっても苦痛である上、家族の精神的負担、

   さらに加えて経済的な負担が大きい。


   ここに尊厳死を生前に考えておく理由がある。

                       豊富秀吉


   
       権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ




      

高齢者問題アラカルト12(後見)

侍の画像


   こんにちは

   豊富秀吉です。


   前回の続きで今日は法定後見の話。


   法定後見とは、任意後見をする間もなくボケてしまった

   場合に、家庭裁判所に対し後見人の選任をしてもらう

   ことを言います。


   後見人は3種類あります。

   補助人と保佐人と成年後見人です。


   米を砥がずに炊いてしまう程度であれば補助人が付き、

   1万円札と5千円札の区別が付かなければ保佐人が付き、

   子供の名前も分からなければ成年後見人が付きます。


   それぞれ、同意権、取消権、代理権の範囲が異なります。


                     豊富秀吉


   権利収入で所得倍増にチャレンジしたい方は >> こちらへ




高齢者問題アラカルト11(後見)

侍の画像


こんにちは

  豊富秀吉です。


  今日は、任意後見の話をします。

  任意後見とは、ボケに備えて、判断能力があるうちに

  財産管理と身上監護の依頼をしておくことです。

  任意後見人になる人は、身内の親族でかまいません。


  実際にボケが出たら、任意後見人は、家庭裁判所に

  対して、後見人監督人選任の申立てを行います。

  後見監督人が選任されたら任意後見が始まります。



  任意後見人の仕事は、財産の管理たとえば年金の管理、

  税金や公共料金の支払い、自宅の修理、介護申請の手続き

  、介護事業所との契約や支払い、老人ホームへの入居手続き

  、入退院の手続きや支払いなど、介護や生活面全体について

  サポートしなければなりません。


  つづく

                        豊富秀吉

高齢者問題アラカルト10(後見)

侍の画像


豊富秀吉です。

  こんにちは

  前回の続きです。


   弁護士や司法書士と信頼関係を高めるには

   ホームロイヤーになってもらい、毎月1回

   は連絡をとってもらうことです。

   費用は、3000円から10000円くらいでよいと

   思います。


   死後に発生する葬儀や遺品整理、役所や銀行

   などへの連絡、公共料金の清算、ペットの

   処理なども、依頼しておいたほうがよいでしょう。


   そこまでは必要がない方は、見守り契約で、月に

   1回ないし2回連絡をしてもらい、体調の変化や

   生活情報を確認してもらいましょう。

   費用は、3000円から5000円くらい考えればいい

   でしょう。

    またね 続く

                    
   所得倍増の話は、まだ先だね

                   豊富秀吉   

高齢者問題アラカルト9(後見)

侍の画像


豊富秀吉です。

  こんにちは

 
   前回の続きです。

   ボケてはいないが身体が不自由になってきたとき、

   どんな対策があるのか。


   まず財産管理委任契約があります。ちょっと言葉が

   固くなりました。ご容赦ください。

   これは身体が不自由になり、日常生活に不便を感じる

   ようになったとき、財産管理や生活上の事柄を、代理人に

   やってもらうことです。

   たとえば、預金や不動産の管理、生活費や介護費用の

   支払い、また、介護の申請や事業所との契約、病院の

   入退院手続きや支払い等々。

   誰に委任するかですが、弁護士か司法書士がよいでしょう。

   もちろん安全確実とは言いませんが、業務上、2億位の

   損害保険に入っているので、他に比べて安全度は高い

   と思います。

   費用は、1万から5万程度になるとおもいます。

   相談してください。


   つづく

                        豊富秀吉  

   

高齢者問題アラカルト8(後見)

侍の画像


秀吉です。

   こんにちは

  今日から、高齢者の財産を狙う者から高齢者を守る

  方法を考えていきましょう。

  
  人は誰でも老いる。

  例外はない。

  老いると身体能力が衰え、判断能力も低下する。

  物忘れが多くなったり、ボケる割合も上昇している。

  家族が円満で、見てくれる人がいればそれほどの心配はない。

  しかし、そんな幸せな高齢者ばかりではない。


  高齢者は、狙われている。

  社会的弱者だからね。

  証券会社や先物会社からの勧誘。

  銀行からの投資勧誘。

  金や太陽光発電などの投資詐欺。

  未公開株や会員権商法詐欺。

  訪問販売などの悪質商法。

  これら取引の被害者になる。


   つづく

                     豊富秀吉

高齢者問題アラカルト7(老人ホーム)

侍の画像


   こんにちは

    秀吉です。

   今日は、医療・介護連携型の高齢者賃貸住宅の記事

   を、紹介します。


    運営主体は医療法人のため、医療との連携は取れている。

    個室のスペースは、平均26平方メートル。

    部屋の中も充実しており、ナースコールも設置されている。

    共用スペースも充実しており、みんなでテレビを楽しめるよう

    工夫されている。


    家賃は83500円、共益費は22000円、その他排泄介助や生活

    ケアーなど諸費用を合わせて153000円である。一時金はいらず、

    敷金は1カ月。


    高齢者としては、比較的リーズナブルで良心的な施設といえる。

    今後、独居老人や老老世帯、認知症の老人を抱える世帯が急増

    するが、そのニーズにどれだけ対応できるようになるだろうか?

    上記施設に、低収入の老人が、生活保護費を一部支給されること

    によって、入所できないものだろうか。


                         豊富秀吉

高齢者問題アラカルト6(老人ホーム)

侍の画像


   こんにちは
   豊富秀吉です。

   今日は、ある週刊誌に老人ホームの記事が掲載されて
   いたのでさわりを、紹介します。


   1、特別養護老人ホームは、42万人の待ちという。

     私立の老人ホームは、入居金が高い。

     その中で、サービス付き高齢者向け賃貸住宅が増えている。

     
   2、調査では、右老人ホームでは一部に、次のような問題があった。

     (1)夜間緊急時に、職員が対応してくれない。

     (2)夜間緊急時に、対応できるヘルパー・看護師が一人以下。

     (3)もとのかかりつけ医から、カルテを取り寄せてくれない。


     (4)認知症や病気の進行具合がわかる近況報告をしてくれない。 
        

     (5)職員が名乗らない、挨拶をしない。

     (6)言葉づかいが乱暴。

     (7)買い物代行が自由に頼めない。

     (8)遺言書作成の手伝いをしてくれない。

     (9)葬儀社を探す手伝いをしてくれない。


    3、従って、パンフレットの内容と実際との間に、違いのある老人ホーム

      のあることがわかったのだ。

      賃貸老人ホームを探すときは、このような点にも注意してお探し下さい。

    
    それでは

                              豊富秀吉

  

高齢者問題アラカルト5(老人ホーム)

侍の画像


   こんにちは

   豊富秀吉です。

    前回の続きになります。

    8、老人ホームに、運営懇談会のような組織が設置されて
      いることを確認すること。開催頻度についても確認する。

    9、老人ホームに、必要以上の資産を預けないこと。なくなる
      恐れがあるからね。

   10、体験入所して、介護の実情を確認しておくこと。
      介護度が上がった時に、4人部屋に移されるかどうかを確認しておくこと。
      長期入院の時に、退所を求められるか否かを確認しておくこと。

   11、ソーシャルワーカーがいるかどうかを確認する。
      いろいろなことで、相談相手が必要だからね。

   12、提携先病院の診療科目を確認しておく。
      認知症になった場合の対応策について確認しておく。

   13、終身介護について、看取りまで含まれているかを確認する。

   14、家族葬の設備が整っているかどうかを確認する。

   15、老人ホーム紹介業者は、特定の老人ホームと提携していることが
      あるので、説明を鵜呑みにしないこと。

   以上たくさんありますが、終の棲家ですから慎重にお選びください。

   つづく
                           豊富秀吉  

高齢者問題アラカルト4(老人ホーム)

侍の画像


   こんにちは

   豊富秀吉です。

   前回に引き続き今日は、介護付き有料老人ホーム

   を探すときの注意点を2回に分けてお話します。


    1、パンフレットに書いてある小さな字を見落とさないこと。
      なぜか小さい字で重要なことが記載されていることが多い。

    2、介護保険が使えることを確認すること。
      使えて当たり前のようにおもえるが、使えない施設も
      あるから要注意。

    3、重要事項説明書をしっかりと読むこと。
      特に料金表を読み十分に理解すること。

    4、介護サービスの内容を確認すること。
      追加サービスの料金は別途請求されることになる。

    5、特別な約束は書面にしておくこと。
      入所前の口約束では守られないことがある。

    6、契約書には入る予定の部屋の番号を記載しておくこと。
      思っていた部屋とは違う部屋に入れられることがある。

    7、入居一時金の取扱いをしっかり聞いておくこと。
      入居後なじめず、退去することがある。
      1ヶ月後、3カ月後、6カ月後と、あらかじめ返金額を
      確認しておく。また、現状回復費用の範囲も確認しておく。


    つづく
                       豊富秀吉   

高齢者問題アラカルト3(老人ホーム)

 侍の画像


こんにちは

  豊富秀吉です。

  今日は、介護付き有料老人ホームの話のつづきに

  なります。

  老人ホームのサービスは、大きく分けて4つあります。

  一つは介護サービスで、

   食事介助、排泄介助、おむつ交換、入浴介助他

  二つは生活サービスで、

   清掃、洗濯、理美容サービス、買い物代行他
 
  三つは健康管理サービスで、

   定期健康診断、服薬支援、排便・睡眠の記録他

  四つは入退院時のサービスで、

   移送サービス、入院中の洗濯・買い物他

  まだまだありますが、これくらいにしておきます。

  高齢者を世話する仕事って、意外にたくさんありますね。

  子供の世話よりはるかに大変な仕事ですね。

  給与が低いことが取りざたされていますが、上げる仕組み

  を考える必要があります。

  つづく

                      豊富秀吉  

   

高齢者問題アラカルト2(老人ホーム)

 侍の画像


   こんにちは、豊富秀吉です。

   所得倍増の話は、しばらく先にします。

   高齢者について話を続けます。

  2、老人ホームのなかで、一番費用がかからないのは

    特別養護老人ホームです。

    高齢者が今ほど多くなかったときは、無償だったのですが、

    現在では有料化しており、低額の有料老人ホームと、それほどの

    費用格差はなくなってきています。

    また、空くのを待っている高齢者は40万人いるといわれています。

    したがって、入所できるのは要介護4以上の高齢者が優先されます。

    入所するのに、10年以上待たされるのもザラだといわれています。

    したがって、次回からは、多くの高齢者が入所を検討することになる

    介護付き有料老人ホームの話をしようと思う。

                     by 豊富秀吉 

高齢者問題アラカルト1(老人ホーム)

侍の画像


   65歳以上の高齢者が3000万人を超えたことから、

   しばらく高齢者に関する話をしていこう。

   1、高齢者が急増するのを見越して、有料老人ホームの

     建設が活発に行われている。

     予測を上回る高齢者人口増加のため、現状ではとても

     足りないことが、はっきりしてきたんですね。

     老人ホームの需要を見越して、大企業が参入して

     きました。居酒屋チェーンのワタミや警備会社

     大手も経営に乗り出しています。

     ビジネスチャンスなんですね。

     しかしながら、高齢者の介護は、とても大変な仕事

     です。家庭の中でしたら殺人事件や無理心中事件に

     なることも、よく耳にしますからね。

     家庭での介護は、ますます困難になることから、

     有料老人ホームに対するニーズは、高まっていきそう

     ですね。

   つづく
                  by 賢者豊富秀吉  
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR